スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白光のヴァルーシア

ヴァルーシア

 大変なことを忘れていました。
 応援している作品のサポーターサイトの登録、今週で締め切りなのですよ。
 というわけで狼鯖のすみっこから、白光のヴァルーシアの宣伝です。


 今回ROとはあまり関係のない記事ですので、ROを期待してきた人がいましたら



 感染していってくださいね?



 というわけで、白光のヴァルーシアの宣伝という名目で、ライアーソフト様を宣伝しようと思います。

 そう、思い返せば私がスチームパンク、というジャンルに惚れこんだきっかけを作ってくれたのが、このライアーソフト様だったのです。
 こそこそ「ケータイ小説サイト」で「スチームパンクを布教する」という暴挙に出ている理由も、やはり契機となったのはこちらのライアーソフト様なのです。

 最初にプレイしたのは赫炎のインガノック。全体に漂う気だるさというか、薄暗さにしびれた覚えがあります。
 澁澤龍彦氏を敬愛し、デカダンスこそ最終到達地点と思っている私にとって、ゲームという創作の世界で初めて触れた「ドラコニア」だったわけです。
 いや、作品自体のテーマは違うところにあるのでしょうし、澁澤氏のドラコニアはまた全く違うものなのですが、私はそう感じてしまったのです。

 どこまでも切なさが続いていて、安易にそれを昇華させない、言うなればとんでもなく苦しみを味わい続けなければならない作品。私にとってはこれが至高の宝石に見えたのでした。





 次にプレイしたのは実はマスクド上海なのですが、ここは省略します。はい。
 だって、やってることは仮面ライダーですよ?
 いや、面白かったですけど!
 スチームパンクシリーズからは外れているので!

 辻政信はわたしの婿です。あげません。





 次は漆黒のシャルノスをプレイしたわけですが、ここでテンションが最高潮でしたね。
 ヒロインはMですよね? メアリじゃなくてMがメインヒロインですよね?
 ライアーソフトは♂キャラが可愛くて素敵です。



 ところで、読者さん超置いてけぼりですよね?

 この辺りできろうかとー。
 体験版遊んだらまた感想書きますヨ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。